交通事故時の対応

交通事故後は必ず警察へ連絡しましょう

交通事故に遭った場合、多くの方がパニックになってしまうケースが考えられます。
しかし、対応を間違えることでその後の保障が受けられなくなる可能性もありますので、注意が必要です。
こちらでは「交通事故に遭遇した際に行うべきこと」について詳しくご紹介していきます。

 

【警察へ連絡する】

 

交通事故に遭ってしまったら、まずは警察へ連絡しましょう。
警察への届け出をしていないと、保険請求に必要な「交通事故証明書」を発行してもらえないことがあります。

加害者から「通報はしないでくれ」と頼まれるかもしれません。
しかし、後々のトラブルを避けるためにも、どんな些細な事故であっても必ず警察へは連絡してください。

 

【加害者、事故状況の確認】

 

警察へ連絡しましたら、相手の情報を確認してください。

・運転免許証、名刺などから情報を収集する(氏名・住所・勤務先など)
・車のナンバーの確認
・加害者が加入している保険会社、証明書番号の確認

 

「写真を撮る」「目撃者がいれば証言者になってもらう」など、事故現場の保存、確認もしておきましょう。

この時点では具体的な保障についての話はしないでください。
約束をしてしまったために、支払われるべき保険金を受け取れなくなる可能性も出てくるためです。

 

【専門の医療機関へ行く】

 

特に身体に異常を感じていなくても、必ず医療機関に行って診断してもらうようにしてください。
事故から時間が経つと、事故とケガの因果関係を認めてもらえない可能性があります。
※保険会社は医師の診断書を元に身体の状態を把握します。

また、むちうちなどのケガは事故から数日~数週間後に肩・首の痛み、耳鳴り、めまいなどの症状が現れる場合があります。
後遺障害が残ってしまうリスクを避けるためにも、交通事故後は痛みを感じなくても専門の医療機関を受診するようにしてください。

交通事故の慰謝料について

交通事故に遭った場合、施術費用だけではなく「慰謝料」も受け取ることができる場合があります。
では、慰謝料にはどのような種類があり、相場はどれくらいになっているのでしょうか?
こちらでは「交通事故における慰謝料」について詳しくご紹介します。

 

【慰謝料とは】

 

交通事故の損害賠償の範囲として「財産的損害」と「精神的損害」があります。
「慰謝料」は基本的に「精神的損害」に対する保障を指します。

・財産的損害:施術費用や交通費、休業補償など「実際にかかった費用」「事故がなければ本来受け取れていたはずの利益」に対する保障
・精神的損害:事故被害者の受けた、精神的な苦痛に対して支払われる保障

 

【慰謝料の算定基準】

 

慰謝料を計算する上で、算定基準が3つあります。

・自賠責基準:自賠責保険から支払われる最低限の金額基準
・任意保険基準:示談交渉で使われる、自動車保険会社が独自に設けている損害賠償の基準
・裁判基準:示談交渉で使われる、これまでの交通事故裁判の判例から導き出す基準

 

一般的に「自賠責基準」「任意保険基準」「裁判基準」の順番で、慰謝料が高くなってきます。
弁護士基準は、任意保険基準の約2倍~3倍と言われています。

 

【自賠責基準の計算方法】

 

4300円×対象となる日数で計算していきます。

対象となる日数は「実際の通院日数×2」と「初診から施術終了までの期間」を比較して、少ない方の数になります。

例)3ヶ月間(90日)で40日通院した場合
90日
40×2=80日

80日の方が少なくなりますので、4300円×80日で計算し、慰謝料は「344000円」になります。

通院日数が少ないと、慰謝料が低くなると言えます。

 

【任意保険基準の計算方法】

 

保険会社によって基準が変わってきます。
相場としては自賠責基準より数万円程度高くなることが多いとされています。

 

【裁判基準の計算方法】

 

裁判基準は「むちうち」と「その他の外傷」で基準が変わってきます。
※日本弁護士連合会によって基準が決められています。

入院期間、通院期間で計算され、3ヶ月(入院無し)の施術期間を要した場合は次のようになります。

むちうちの場合:53万円
その他の外傷の場合:73万円

自賠責基準、任意保険基準と比較すると高額になってくることが分かります。

 

【慰謝料の請求方法】

 

損害保険会社、加害者の任意保険会社に書類を提出することで請求します。(自賠責基準、任意保険基準)
裁判基準で請求する場合は、個人では対応が難しい場合がありますので、弁護士を通じての請求になることが多いです。

※交通事故の慰謝料についての無料相談や、成果報酬で裁判基準の慰謝料請求を受けている弁護士も多いようです。

クオラ整骨はり灸院【交通事故時の対応】

交通事故は大ケガです!
皆さん車の重さってご存じですか?

なんと!通常の乗用車で1000kg以上になります。
まさに鉄の塊ですよね!!
交通事故ではそれがぶつかり合う訳ですから・・・

実際、どんな感じかなぁ!?

というと時速60キロで壁に衝突した場合、その衝撃はビルの5階(地上14メートル)から落ちるのと同じと言われています。
まず、この世にいない存在になってしまうでしょうね・・・

 

以下、自動車交通事故について、2人の専門家外傷外科医クリスチャン・ケンフィールド医師と、モナシュ大学の交通安全専門家デイヴィッド・ローガン教授の見解がありましたので、ネットからお借りしてきました。

 

「並外れた筋力がある人でも、自動車交通事故においては、自分の身体を固定しておくことはできません。衝突の威力はそれほど強大なのです」(ケンフィールド医師)

「衝突によって自動車が急に止まると、それまで自動車が持っていたエネルギーは、その自動車と運転手に吸収されることになります」(ローガン教授)

「現代では、人間は恐ろしいほどのスピードに晒されています。そして、人間の身体は自動車交通事故の衝撃を吸収するような生理的機構を備えていません」(ローガン教授)

 

以上、人間の身体は自動車交通事故に耐えられるようにはできていない。ということがわかります!!

ですから、軽い事故だから大丈夫!!と思っていても、数日経つと症状が現れるということがあるのです。
それは、気のせいではありません!

 

当院では皆さんの身体をしっかりとチェックし、ご本人の気が付きにくい部分まで検査します。
その上で提携しているクリニックに受診・精査して頂きます。
一人で悩まず、まずは当院にご一報いただければ幸いです。

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:クオラ整骨はり灸院
住所〒177-0041 東京都練馬区石神井町3-20-20 SKビル1階
最寄:西武鉄道池袋線 石神井公園駅より 徒歩1分
(中央口改札を出て右手です)
駐車場:なし
駐輪場あり(3台)
予約優先
9:00〜
12:30

9:00〜
15:00
-
14:00〜
20:00
- -
祝日不定休

【公式】クオラ整骨はり灸院 Facebookアカウント クオラ整骨はり灸院では公式SNSアカウントを運用中!

【公式】クオラ整骨はり灸院 Facebookアカウント クオラ整骨はり灸院では公式SNSアカウントを運用中!

【公式】クオラ整骨はり灸院Facebook フォローお願いします!

  • ご来院されたお客様の声をご紹介しています
  • 新しいサービスなどのご案内をしています
  • キャンペーン・セミナー情報などいち早く入手できます